INSILICO – mars // about roleplay

VASC systems – mars roleplay

ロールプレイの筋書きに合わせてか、時折前触れなくテラフォーミングされるINSILICO marsエリア。オフィシャルサイトにはバックグラウンド設定、ロールプレイルールなどが詳細に公開されています。今回はオフィシャル情報の中から、ロールプレイ概略にあたる記述の前半部分を和訳で紹介します。

火星ロールプレイについて

地球から3千6百万〜2億5千万マイルに太陽系第四惑星が位置する。

その星は赤く、豊富な炭酸ガスに覆われており、大気圧は地球の僅か1%程度に過ぎない。

豊富な鉱物資源の掌握を狙い、戦争により散り散りになった各派はいまだ各地での紛争を繰り広げている。

氷の中で氷結した微生物を含む460億年前の地質は、地表下のいまだ発見されていない資源の存在を示唆していた。

遺伝学調査、採鉱、テラフォーミング事業、クローニングなど、絶え間なく進化する各技術により、この新しいフロンティアの開拓は進行していった。火星地表は太陽風と宇宙線により常に致死レベルの放射線の照射を受け続け、砂塵嵐や気温の劇的な変化は周囲環境を生物の住み辛いものとしていた。この赤い星はやすやすと接近出来るものでも、定住出来るものでもなく、弱い者が生き延びるには到底向かない場所である。

(生存が芸術である火星でのロールプレイへようこそ。

火星はエリート主義者のための場所ではないものの、ここでのロールプレイは非常に特殊化した、他で類をみないタイプのものです。平均的なロールプレイヤーは、酸化鉄の赤い砂丘に足を踏み降ろす前に一定の情報を仕入れておく必要があるかも知れません。ここでは、ロールプレイ開始に必要な情報、およびこの新しいフロンティアに関するインシリコの知識を拡充する補足情報を提供します。)

PROTUS第15前哨基地

外部からは、Protus第15前哨基地は水耕栽培設備と資源加工工場を備えた遠隔の民間テラフォーミング機関として知られている。が、その内部の根幹は堅牢な研究開発部門である。

場所:北極砂丘。北緯60°14’32”、東経240°40’28”。

作業員収容設備:8名分、居住環境の追加により最大40名分まで拡充可能。最も一般的な契約期間は18ヶ月間。

旅/移動

宇宙線に立ち向かう昔ながらの操縦方式は、どこへ行くにも6〜18ヶ月を必要とする。この手の乗り合いバス方式は、低予算の旅の典型である。

今日の操縦方式においては、移動速度は光速の100分の1、言い換えれば2,997,924.58マイル/秒に達し、航行時間は楕円軌道の遠近によるが概ね4〜8日間へと大幅に削減されている。(航行において、プレイヤーはどのような方法での旅を選んだかをロールプレイすることが推奨されます。宇宙空間を航行する宇宙船や無重力状態を活用することも貴方に独特のロールプレイ経験をもたらすことでしょう。) 航行中には人工的に重力を発生させ維持する技術も存在する。また、他に手がない場合、船を自動航行モードにセットしたのち低温睡眠装置に入るという手段もある。CH4/CO2 = メタン/二酸化炭素燃料は昔ながらの航行方式に使われる最も安価な燃料であり、火星の大気から直接法で製造が可能である。(貴方がどのような方法で旅を行いたいと考えているかは、ロールプレイに大いに影響を及ぼすものとなります。)

地球上のVASCメンバーがあらゆる権利を持たぬのと同じく、火星における地球人も同様の立場に立たされる。貴方が地球上にいる際如何なる助けも得られないのと同様である。貴方の行動は我々の会社を代表するものであり、捕獲されたVASCメンバーの辿る道は極秘裏に救出されるか、非難を受けるか、または負債として抹殺されるかである。貴方がフィールド・エージェントであるならば、地球上での思慮分別深さは最重要事項であることは良くご存知であろう。

与圧服

生き延びる方法の最も一般的な形態は、移動手段や居住環境内において呼吸可能な空気を保つために必要な圧力と混合物を維持する与圧服であろう。これらの確保が不安定になれば、速攻で苦しくおぞましい減圧と直面するはめになる。(すべてのプレイヤーは火星でのロールプレイ用に与圧服を入手または作製することが奨励されます。無料の宇宙服はSL世界のそこかしこで見つかる。SLマーケットプレイスを物色するのもよいでしょう。)居住者の血液が圧力不均衡で沸騰しそうになったら、与圧服の不具合部分の応急処置用に特別なシーラントジェルが使用される。芸術レベルの与圧服はひび割れや破れなどを瞬時にふさぐ自己修復機能を擁しているが、まだまだ高価であり通り一遍のビジターが容易に入手可能なものではない。

酸素

酸素は酸素分子を二酸化炭素から分離させる処理装置により直接的に抽出生成される。この装置は火星地表上のあらゆる居住地に設置されており、高品質な与圧服では酸素タンクの形態を不要とする小型の処理装置を備えたものもある。しかしながら、最も平均・一般的な与圧服では携帯酸素の量が限られており、このことが着用者が居住地やシェルターから遠く離れて行動することを困難にしている。D’naa達が彼ら特有の小型処理装置付き与圧服を有しており、時間を気にすることなく移動可能であることはよく知られている。

(つづく)

Advertisements

~ by Meg Ronmark on February 28, 2014.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s