Nomos – feral client

短時間で纏まったG$を得られることもありDecon Opsが引き続き盛況なNomosですが、私のキャラクターは街の中心に留まり危ない橋を避けています。Nomosでのroleplayトリガーとして効果的に機能している仕組みのひとつ・裁判システムをまたのぞいてきました。


//////IC//////

NCD(Nomos Communication Device)でアナウンスされた裁判を傍聴しにMetroPolまで足を運んだLayla。陪審員は既に選定済みであることをサイボーグ弁護士・HIHから聞き裁判室脇の傍聴室に移動しました。
傍聴室内にはMetroPolのチーフオフィサー・Valeryieが既に入っていました。険しい表情の彼女を横目に裁判の開始を待ちます。

右腕に装着したパーツがトレードマークの弁護士・HIH-Unit。今回の裁判の弁護人を勤めます。

被告人・Xain。ネコ科の獣の耳と尾を持つハイブリッド/突然変異種です。
路上駐車されていた車を荒らした容疑で身柄を拘束されました。二本足で立ってこそいるものの言葉を話せず、被告人席のネームプレートをかじったり臭いを嗅いだりしています。
HIH曰く、被告人は拘束された時点では名前すら不明な状態でNomosの市民データから消去法で何とかXainという名であるらしいことをつきとめたそうです。当然ふたりはまともな話すら出来ていない状態で、HIHはなかば運を天に任せた状態で裁判に臨んたようです。

『こんな無垢な状態の若者が、凶悪な犯罪を犯すとお思いですか、皆さん?』
熱のこもった弁護を続けたHIHでしたが、被告人の血まみれの外見の印象がよくなかったのでしょうか、

[18:25] Jury Trial Machine
╭◈━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◈╮
2 jurors found defendant GUILTY.
2 jurors found defendant NOT GUILTY
╰◈━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◈╯

陪審員達は2人がXainを有罪、もう2人が無罪と判断し結果は真っ二つに分かれてしまいました。
巨額の罰金支払いは免れたものの、G$130をMetroPolに支払うはめになったXain。そもそも裁判室で何が行われていたのかも理解していなさそうな彼、再犯でしょっぴかれる日はそう遠くはなさそうです。

//////ICここまで//////

今回のRP時間は約30分間でした。
私のキャラクター・Laylaは逮捕ギリギリの目には何度か遭いましたが、結局今に至るまで留置所に放り込まれずにいます。MetroPol地下に拘留されるroleplayも面白そうなので、一度は手を出してみたいものです。

Advertisements

~ by Meg Ronmark on February 20, 2011.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s