Hibernation: looking back on this year’s RPs – 2010

2010年も今日でおしまい、RLが多忙だったせいか年齢のせいか、例年にもまして時間が早く過ぎ去ったように感じた一年でした。今年も特に印象に残ったセッションをいくつか挙げてみます。途中からroleplayの軸足がToxiaからNomosに移ったことが大きな転換点でした。

Toxia – travelling dream part 1 and 2 (2月)
熟練プレイヤー・SyndelとNecrosisことWraithとともに行った、コンピューター機器を駆使した分析&ハッキング挑戦roleplayでした。セッション完結まであと一歩のところでSIM強制再起動になったことが悔やまれます。

Toxia – failed and scattered part 1 and 2 (3月)
結果的に2月のハッキングroleplayのフォローアップとなったNecrosys爆発ストーリー。録音メッセージを聴くシーンは臨場感たっぷりでした。

Nomos – playing with fire (5月)
ちょっとセクシーな火遊びroleplay。相手となった彼女はもうインしなくなってしまいましたが、初期のNomosで印象に残るセッションでした。

Nomos – bloody friday morning (5月)
Laylaが強盗襲撃に見舞われたroleplayです。舞台が数箇所にまたがり、スリリングなプレイが楽しめました。

Nomos – scythe of death (7月)
夏はNomos/Fight Clubが隆盛を極めた季節です。名物司会の老翁・Mr. Lingの面白おかしいパフォーマンスも印象に残りました。

Nomos – bulk buy (8月)
Toxia時代からの盟友・DolceとPortia、Gomiとの再開が果たせた月です。PortiaとGomiは今ではそれぞれMediTekとPsychoTekのヘッドとなり、MetroTek医療部門の裏と表を仕切る存在となりました。

SLのroleplayエリア全体を振り返るとMidian CityとEverwindはそれぞれ1SIM減に、XRPSはついに終了してしまいToxiaはGM不足で低空飛行と、個人的には余り良いニュースが思い出せないのが残念な点です。そんな中新興のCity of Perdition、Realm of MYSTARAやSGSシステムに切り替わったKoSなどは依然として賑わっている様子でした。MYSTARAはfantasy roleplayを行うには絶好のエリアですが残念ながらラグがかなりきつく、私はobserverで訪れるに留めています。
2011年に来るであろうmeshは販売物のみならずroleplayエリアの景観にも何かプラスの変化をもたらしてくれるでしょうか。
来る年にもたくさんの素敵なセッションがたくさんのエリアで生まれますように。

Advertisements

~ by Meg Ronmark on December 31, 2010.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s