Nomos – ladies, be on high alert

穏やかでない事件の情報がNomosのニュースソース『Street Life』から流れてくるようになりました。いまだ未解決のこの件、誰が一体何の目的で行っているのでしょうか。関連記事に目を通してみましょう。

Street Life – kidnapping in Nomos?

凶悪犯による女性襲撃の報が街で囁かれている。次の標的はあなたかも…

ただでさえネズミのはびこるストリート、不正行為、汚職や残虐行為に悩まされているNomosの良き市民にまた頭痛の種が増えることになりそうだ。先ごろレポーターの耳に入った噂によると、我々の愛すべきこのスモッグが多発する街のストリートやクラブを連続誘拐犯がうろついているとのこと。Nomosの女性達は充分警戒しておく必要がある。

そう、淑女諸君…あなたたちは街中の色目を使ってくる男性陣や手癖の悪いMetroPol警官達だけではなく、最近悪名の高いこの犯罪の標的になることの恐怖とも向き合わなければならなくなったのだ。つい最近、二人の若い女性が皆のいる目の前で消え去った。そのうちのひとり、Club Primalに勤務しており友人知人も多いCassはClubを出て帰途につく際男性にあとをつけられたと見られ、その後消息を断っている。何故誰も彼女を助けることができなかったのだろうか?何故セキュリティ装置の記録テープはいまだに検証されていないのだろうか?

一連の行方不明者発生の後、MetroPolはようやく重い腰を上げNomos市民の保護に積極的に取り組むようになった。しかしながら、信用筋の情報によるとMetroPolが状況を漸く把握したのも、『原因を調査する』と明言したのもごくごく最近のことであり、動きが遅すぎる感は否めない。MetroPolがぼんやり突っ立っている間に更に何人もの女性がさらわれ、いまだ行方不明のレポートすら入っていないのかも知れないのである。今回の件のレポーターは、MetroPolがもっと早い段階で検証を行い犯人を逮捕していれば我々は皆遙かに安心できていたであろう、と踏み込んでコメントした。

このレポーターは、今回の件について幾つかの疑問点を挙げている。まず、何故MetroPolにもっと早い段階で情報が入り市民がより早い段階で警戒を高めることが叶わなかったのか。言い換えると、人々がもはやMetroPolを公正で礼儀正しい組織とは見なさず、全く頭の足りない馬鹿の集団としてしか見なくなっているというのは真実なのだろうか。確かに、MetroPolは今回の件に関しいまだその力量を示すことはできていない。ともあれ、この記事がNomosの女性、とりわけクラブやエスコート・サービスで働く女性の目にとまり注意を喚起できることを願っている。今回の件に関しては、危険は文字通り、街のあらゆる角で待ち構えているかも知れないのだ。

(投稿者:匿名希望)

Advertisements

~ by Meg Ronmark on November 20, 2010.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s