Nomos – moment of glory

今週もFight Clubイベントをのぞいてみました。今週のマッチは土曜日夕方4時スタート、日本時間の日曜朝8時です。

//////IC//////

先週末のFight Clubイベントを見逃し悔しい思いをしていたLayla。今日はしっかり時間を事前確認し遅れずにFight Clubに飛び込みました。
『ふう、今日は遅れずに来ることができたみたいね…よかった』

驚いたことに、先々週位から行方不明になっていたFight Clubの名物マネジャー、アジア系の初老男性Mr. Lingが何事もなかったかのように戻って来ていました。
曰く『こりゃ(Fight Club運営のこと)ワシの人生の一部じゃ、行方不明になるわけなかろう。ワシはバケーションに出とったんじゃ!!!雪をかぶったアルプスで山登りをして、ハイキングをして…最高の休暇じゃったぞ、ふぉっふぉっふぉっ』….
契約ファイター達や常連の観客がMr. Lingの安否を気遣いずっと気を揉んでいたというのに、心配損とはまさにこのこと。喰えない爺様です。

イベント開始時間近くなり、ファイターや観客がクラブ内に顔を見せ始めました。残念ながら、先週のチャンプ・Rizは会場に姿を見せなかったため、チャンプ抜きでイベントはスタートしました。
第一試合は上半身に立派なタトゥを沢山彫り込んでいるモヒカン男・Maitsoとギャング団のボスにしてFight Clubのマネジャー代理・Kurtの奥さん?女?彼女でいつも彼のそばに付き従っている少女・Kateyの対戦です。
『こてんぱんにのしちまえ!』
支援者に背中をマッサージされ余裕の笑みを浮かべるMaitso。無言で親指を上に向けます。

試合開始!
思いのほかKateyは善戦し、途中まではふたりとも互角の試合展開となりました。流石、見た目は可愛らしくてもギャングのボスの女を張るだけのことはあります。しかしながらMaistoは敏捷性が高く器用にKateyのパンチの殆どを避け続け、Kateyが次第に劣勢になっていきます。
Maistoのフィニッシュブロウで決着がつき、彼が勝利を挙げました。尻もちをついているKateyに手を差し伸べ彼女を助け起こすMaistoでした。
Kateyにお金を賭けていたLayla。思わずため息をつきます。

続いて第二試合です。
ファイターを募るMr. Ling。ひとりの女性が手をあげました。開始時間から少し遅れてクラブに駆け込んで来たLayla顔なじみのファイター、luiceです。
『あたし、参加したいです』
にやりと笑うLayla。『ついに参加するのね。健闘を祈るわ』

luiceの対戦相手はこれまた女性のファイター、Jaydenです。
『頑張ってluice、あなたなら勝てるわ』リングを見下ろして叫ぶLayla。
『ありがとう、やれるだけやってみる』リングからLaylaを見上げて手を振るluiceでした。

試合がスタートしました!
第二試合もなかなかの接戦になりましたが、身の軽さを活かしリング中を飛び回って対戦相手を撹乱しながら確実にパンチを当て続けたluiceが最終的に勝利を挙げました。
リングフロアの血溜まりに倒れ込むJayden。ナックルパンチを受けてできた頬の傷から血溜まりへぽたぽたと血がこぼれ落ちていました。

優勝決定戦はluiceと先ほどの第一試合の勝者、モヒカン男のMaitsoの対戦となりました。
『俺にはモットーがあるんだぜ、皆いつか死ぬのさ…』不気味な言葉をluiceに投げかけるMaitso。

この日のイベント最終試合の幕が開きました。
流石初戦の勝者同士、接戦となりましたが敏捷性を活かし徐々にluiceが押す展開に変わり始めます。互いを殴る際の鈍い音がしばらくこだました後…ふたたびluiceが勝利をおさめたのです!
『やったな!』いつの間にかクラブに姿を現していたKurtが彼女に声をかけます。
勝負がついた瞬間、Laylaも思わずベンチから立ち上がり手を叩きました。

優勝者となったluice。賞金のG$400をイベント運営側から受け取ると、Laylaのところに駆け寄ってきました。
『応援してくれて有難う、Layla』luiceがにっこりと微笑みます。
ぽんぽんとluiceの肩を叩き労をねぎらうLayla。『おめでとう、luice。新しいチャンピオンになったからあなた、そのうちポスター用の写真撮影を要求されるわよ。やったわね!』
『ワオ、最高!あたし、何を着よう?ビキニがいいかな?』おどけるluiceでした。

と、おどけていたのも束の間…
『あたし、賞金G$400貰えたよ。今日は、あなたから’買えるモノ’はあるかな、Layla?』luiceはLaylaに近づくとそっと耳打ちしました。
『もちろんよ。そうね、とりあえず…ここを出ましょう』
Laylaはluiceの手を引き、彼女を外へ連れ出します。

ふたりはFight Clubから十字路を挟んで斜向いに建っているビルの地下室に話の場所を移しました。ここなら辺りの人々に会話を聞かれる心配もありません。
luiceが会話の口火を切りました。『最近、何度も闘いに巻き込まれちゃって。かなり沢山、Pervを使ったんだ。もう、あなたに’あれ’(薬)を都合してもらわないと、あたしやっていけないよ』肩をすぼめるとうっすら笑みを浮かべるluiceでした。
対戦の疲れを癒す為に、とまずはRootをひと袋luiceに手渡すLayla。まだポケットの中を探り続けています。『それと、あと…ちょっと待ってね』

Laylaが次にポケットから取り出したものは、6錠の青い錠剤の入った1枚のシートでした。Blue Pill、通称Buzzです。
『私のお祝いの気持ちよ、』Laylaはにっこりluiceに微笑みました。『Buzzの分は、お代はいらないわ。よかったら使ってみて頂戴』
最初は無料で少量をばらまき、味をしめさせる…Nomosのディーラーの使う営業の常套手段でした。そんなLaylaの思惑のことはつゆ知らず、彼女に感謝しきりのluiceでした。

覚醒効果をもたらすBuzz、効果は強力ですが副作用も強力であると耳にします。ファイトで勝利し栄光を掴む一方でその体を薬物に蝕ませ続けるluice。一体どうなってしまうのでしょうか。まだ誰も、見当もつきません。『栄光と破滅は表裏一体』、そんな言葉を思い出してしまいます。

//////ICここまで//////

今回のRP時間は約2時間弱でした。
Laylaの顔見知りファイター・luiceが見事今週のチャンプの座を射止めました。先週のチャンプ、Rizが姿を見せなかったのが何とも残念です。ちなみにOOC/Out-of-Characterとしての私は、RizことRizalと面識があります。何を隠そう彼女もToxian CityでのプレイヤーでShadowsの悪魔を演じていました。
彼女とのroleplayで私の印象に残っているものはかなり前になりますが2008年、拷問で重傷を追ったBenを引きずって彼女が単身で工場に乗り込んできた場面です

Nomos – moment of glory (complete chat log)

Advertisements

~ by Meg Ronmark on June 13, 2010.

2 Responses to “Nomos – moment of glory”

  1. 朝は応援ありがとうございました。 さっさと落ちちゃってすみません^^;
    もっとLaylaに親愛の情をしめしたかったのですがxD

    次回大会ポスターとってもらうのが楽しみです。

  2. チャンプの座獲得おめでとうございます 🙂 Rizが来れず対戦が組まれなかったのが何とも残念でしたね。
    luiceが親愛の情をしめしてくれる傍ら、LaylaはいつVenomを彼女の目の前にちらつかせ始めようか算段しているのかも…あるいはどうやってluiceをHotel Royalに連れ込むか思案しているのかも… ご注意を!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

 
%d bloggers like this: