Toxia – travelling dream ~part 1 of 2~

昔のメンバーが数人復帰し言葉紡ぎに優れた新人メンバーも増えてきたContinuum。午後から夜(SLT)にかけては工場で見かける人数も多くなってきました。

//////IC//////


(Pula)

日暮れ時のToxia。
工場の2Fカンファレンスルームでは多くのThe Continuum(TC)メンバーが会話に興じていました。Pulaがフルフェイスのフード付きアーマーを買ったは良いのですが、一見しただけでは声を聞くまで誰なのかさっぱり分かりません。『あなたは誰?Pula?Cyber?それともMarc?』
皆にからかわれる彼。『少なくともその顔面のところのパーツ、半透明の素材にした方があなたのためよ…でなければ誰だかわからないまま銃を突きつけてしまいそう!』

[19:44] Necrosys [Wraith Wierwight] walks from the workshop upstairs with a heavy bulk of metal frames (information display windows) what seems to be a bulk of his most recent research. He began moving through the busily crowded computer lab and placed the research over the computer desk….the sound of the frames hitting desk somewhat loud and disruptive.

そんな雑談を交わしていたところ、階上からがちゃがちゃと軽い金属の物体が擦れ合うような音と、それよりは重量を感じる金属質の足音ががちゃり、がちゃりと聞こえてきました。Artificer MonitorのNecrosysがスロープを降りて来たのです。
彼は腕の中に何枚もの金属のフレームを抱えていました。それらはタッチパネル操作のモニタースクリーンで、画面には様々な図式やコード、グラフなどが表示されていました。
ほぼ時を同じくしてSyndelがルーム内に入ってきました。SyndelはかつてTC Bio Command – 今で言うところのBioTech Monitorの職を務めたこともあるサイボーグです。Pulaや、同じくルーム内にいたExなどとは初対面のため挨拶を交わしていました。


(Pula, Syndel, Ex, me, Necrosys)

Necrosysはテーブル傍に近づくと、フレームを一枚取りラップトップPCへ接続しました。『シュー(呼吸音)……この調査データの殆どは猫族に関するものなのだよ…彼らの生物学的観点から見た基礎構造…その他幾つかの事柄に関する詳細レポートだ…』
TCは現在、特殊な植物を栽培・量産し街のfelineに与え効果を観察するという中規模のプロジェクトにメンバー全員が関わっています。このプロジェクト推進の一環としてNecrosysはfelineのデータを整理していたのです。

[19:54] Meg Ronmark steps forward to get closer to the table where Necrosys connected his frames one of the laptops turned on. “Ah, kitty’s biology thing …… very interesting.”
[19:58] Necrosys [Wraith Wierwight] “Yesss I have gathered some detailed data on the experiements….although….I am not able to process some of the odd anomalies…” he lifts one of the frames and hands it to Meg.
[20:01] Meg Ronmark: “Anomalies, they are not uncommon to be seen here most likely because of the effects of toxic substances in the air, deep in the soil here.” Meg Ronmark receives a frame from Necrosys’ massive metal hand. She starts examining the data on it.

『猫族…?ああ、feline達の生態についてのことね。興味深いわ』
私はNecrosysの傍に移動し、彼の使っているラップトップの画面をのぞき込みました。
『その通り……私は…彼ら実験体についての詳細なデータを収集したのだ…しかし…幾つかの異常種についてデータ処理ができずにいるのだ…』Necrosysはそう言うと、何枚もあるフレームのうち一枚を掴み、私の目の前に差し出しました。
『異常種。この街ではそれほど珍しい存在ではないわね…街の空気や、地面の土に含まれている毒性物質の効果のあらわれである可能性が高いと考えられているわよ』そう言いながら私はNecroの大きな、繫ぎ合わされたスクラップのような黒光りする手からフレームを受け取り画面のデータに目を走らせました。

[20:09] Necrosys [Wraith Wierwight] closes the window on the computer, then walks over to Meg, his metallic construct body casting heavy shadow over her, she could feel the vibration of his core chest, his hand arches pointing at some of the anomalies, the chart flow had most variables accounted for: toxic sickness, heavily mutation. However some of the numbers were not accountable.

Necrosysはその大きな身体を揺らし私の横に立つと、尖った鉄の破片のような指で私の持っているフレームの画面の特定の箇所を指さしました。そこには沢山の変数が書き込まれたフローチャートが表示されています。『毒物に起因する疾病、重度の変異』- チャートの中や周囲に並ぶ数字はそれらの事柄に関係するデータを示したものですが、数字の一部が解析不能な状態で表示されていました。


(Necrosys, me, Syndel, Ex)

[20:13] Necrosys [Wraith Wierwight] highlights the window variables and his synthetic voice continued “Hsss it has to do with the individuals partaking in the surgery, perhaps irregularities in the surgical procedures, not innate sickness of the felines…hsss”
[20:14] Meg Ronmark raises her head to look up at Necro, much much taller than her. Having a bright red light from his core shone in her face she squints her eyes. “I’ll check if our Hikaru has something that could be of help to learn, unscramble the data ….. ” She carries the frame under her arm and walks up the ramp to the lab. She yells from upstairs, “Give me some minutes please.”

モニターの数字を凝視する私の横でNecrosysが説明を続けます。『シュー……この箇所に表示されているデータは…件の”手術”を受けた個体が関係している……恐らくは…施術プロセスで発生した不測の事態が原因と思われる……felineの生来の疾病などが原因ではないと考えられる……シュー……』
独特の呼吸音で聞き取り辛いNecrosysの言葉ですが、集中して注意深く彼の言葉に耳を傾けていた私。”手術”は私が直接携わったものではないですが、恐らくfelineに直接現在開発中の植物を投与するためのものであったと思われます。
暫く考え込んでいた私。ふと、あることを思いつきました。
『私、Hikaru Medical Marc 2(HMM2)にこの箇所の解析に有用なデータが無いか、確認してくるわ。昔からの様々な実験データが蓄積されているから、関連する情報を落とすことが出来るかも知れないと思うの。ここで少し待っていて』
私は小脇に抱え、ふたりを2Fに残して3Fラボへ向かいました。
『手術の際に使用した装置や器具が原因かもしれないわね』階下からSyndelの呟き声が聞こえます。


(me, Demon, Inka)

[20:16] Meg Ronmark: “Could be, Syndel. I’ll take utmost care when linking this frame to the mainframe.” She yells at Syndel from up in the lab while she wastes no time to turn on the main power supply of the computer.
[20:17] Hikaru Medical Mark 2: Starting up … …
[20:17] Hikaru Medical Mark 2: Initializing the system. Please wait … …
[20:18] Hikaru Medical Mark 2: System Initialization complete. Standing by … …

3Fラボでは、BioTechコンビのDemonとInkaが実験器具の並ぶテーブル前で忙しく働いていました。二人の邪魔をせぬようHMM2を静かに起動し、HMM2のワクチンプログラムを立ち上げてから注意深くフレームとHMM2をワイヤーで繫ぎました。

[20:22] Necrosys [Wraith Wierwight] quickly collapses on the chair, his body power rods hissing and adjusting to the shape of the chair. His body releasing pressurized air as the construct accomodated to his new position. “Ahsssss” he sighs with utter releif, although it is unclear whether he feels something or not. Not much is known about him, whether he is organic or completely cybernetic at this point in time. “This apparatus is my objective in recent light. Old technology, dangerous as you pointed out Syndel, although it is broken..

一方2Fでは、Necrosysが彼が街の南の沼地から拾って来たという謎の装置をSyndelに見せていました。一見すると大昔の技術を用いて創られたように見えるそれは、Necrosys曰く『未来から来たとしか思えない』存在だそうです。Syndelは興味深く装置を観察しています。

[20:29] Hikaru Medical Mark 2: Target device recognized. Data analysis process initiated. Please wait … …
[20:33] Hikaru Medical Mark 2: Conducting the data base search … …
[20:34] Hikaru Medical Mark 2: Exporting the related data to the target device … …

3Fでは無事、フレーム内にストアされていた情報への関連データをHMM2からダウンロードすることが出来ました。外部機器取り外しのOKコールを確認してからフレームとHMM2を繫いでいたワイヤーを外し、私は再び2Fへ戻りました。

//////ICここまで//////

この日の工場は大賑わいで、NecrosysことWraith&Syndel&私のroleplayのみならず階上ではDemonことDemonellaとInkaの超長文の応酬となった実験roleplay、階下ではCyberやEx、PulaがReckoningの来客を迎えるroleplayを展開しローカルチャットのテキストがかなりの勢いで流れていきました。
私達三人のプレイも長くなったため記事をふたつに分けることにします。

Advertisements

~ by Meg Ronmark on February 27, 2010.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

 
%d bloggers like this: