Toxia – at the blink of dawn

先日のOOCミーティングで会って以来なかなかroleplayを行う機会の持てなかった新人の天使・Inkaと会うことが出来ました。

//////IC//////


(Inka, me, Cyber)

[5:10] Meg Ronmark: “Good early morning Inka.” Meg Ronmark stops walking around Inka to lean against the railing. “So far, so good. – how are you two today?”
[5:10] Cyber Genesis nods to Inka’s words and looks at Meg smiling “Hello there.my metallic friend”
[5:11] Meg Ronmark: “Call me as whatever you like.” Meg Ronmark chuckles.
[5:11] Inka Charisma crosses her arms over her chest, a cheesy grin still lingering over her face, a flint of playfulness crossing her eyes. “Good morning, it is a fine one indeed. Wanted to see Toxia at it’s finest.” She muffled a giggle.

夜明けのToxian City。
『おはよう。随分早いわね、Inka』
『ええ。Toxiaの街がもっとも”まし”に見える時間帯に見てみたくなったの』
工場2Fに上がると、ミュータントのCyberと天使のInkaが早朝から立ち話をしていました。ふたりとも実験や研究を好む性質で、つい先日Continuum BioTechに昇格したばかりの有望株です。BioTechということで、私の管理するスペシャルティのチームのメンバーということになります。
何の話で盛り上がっていたのか尋ねたところ、Cyberが通信販売で取り寄せた服がサイズが大きすぎたそうでInkaがそれをからかっていたとのことでした。『それは残念だったわね。でも、そうね…パジャマになら使えるんじゃない?』
私も適当に軽口を叩きます。


(Inka)

[5:57] Meg Ronmark: “I’m not sure if anyone explained this to you when you joind us but,” Meg Ronmark looks up at the third floor, “basically the third floor – the lab is off-limits to non Continuum members. They may enter the floor, only accompanied with one or more TCs. Should they insist to squat down in the lab, you have right to chuck them out by words or swords.”
[6:01] Inka Charisma darted her eyes up to the lab, folding her arms over her chest, a tight smile filtering across her face, “I will remember that. And I will have no problems grabbing people by the ear and dragging them back to the bottom floor. I wish I had known this earlier, as I would’ve not stood for it.”

ずっとDemon(Demonella)の助手として彼女の研究を手伝っているInka。進捗を聞くと『まあまあね』との返事。但し、昨日は部外者のfelineがラボまでふらふらと入って来てちょっかいを出され、研究が進まず非常にイライラさせられてしまったようです。Cyberも現場におり、当時の様子を私に話してくれました。
『あなたにこのことを説明したかどうか定かでないけれど、』私はひと呼吸おいてInkaに話しました。
『基本的に、工場の3F … ラボのあるフロアはContinuumメンバー以外は立ち入り禁止扱いなのよ。メンバーが1人以上帯同している場合のみ、入ることを許されるの。だから、侵入者が言う事をきかず居座る場合は正々堂々と追い払う権利があるのよ…言葉か、さもなくば太刀を用いてね』
『覚えておくわ。今度同じことが起こったら、私はそいつの耳を引っぱって1Fまで引きずり降ろすのに何の躊躇もしないわ…ああ、もっと早く聞いておけばよかったわ。昨日のあれ、本当に我慢ならなかったもの』
Inkaがやれやれという表情でため息をつきました。昨日起こったことに対するいらだちがまだまだ消えないようです。

[6:22] Meg Ronmark tilts her heads. “…….Maybe it is just me, but can you hear that subtle humming coming from Hikaru Medical Mark 2 up there?” She points at the third floor.
[6:24] Cyber Genesis: “oh yeah, maybe he is working on something. No idea what that could be. Will go up and check it. Be right back”
[6:25] Meg Ronmark: “I’ll tag along.” Meg Ronmark shouts then follows Cyber.

そのような会話を交わしていたところ、3Fラボに設置されているメインフレームコンピュータ『Hikaru Medical Mark 2』から虫の羽音のようなかすかな音が断続的に何度か聞こえてきました。
『私の空耳かも知れないけれど…何か聞こえない?あそこから』
私は3Fを指さし、Cyberに尋ねました。
『ああ。何だろうな…ちょっと行って見て来るよ。すぐ戻る』と言うなり駈けて行くCyber。
『ちょっと待って。私も行くわ!』後を追いかける私でした。


(me, Cyber)

[6:28] Meg Ronmark: “Hmm……” Meg Ronmark darts her eyes around the package of the mainframe. “Looks like nothing is going wrong. Maybe my ears were playing tricks on me……”
[6:28] Cyber Genesis hits some keys he think is the right ones “Ummm, was nothing. He was just working on some data from yesterday….No biggy. Will shut him down and put him in hybernation mode”

『うーん..。特に何も問題は起きていないようね。やっぱり私の空耳だったかしら』
『ああ、いつもと同じだな。多分、データ処理か何かの時の音だったんだろうな。電源を落としてスタンバイモードに切り替えよう』
Hikaru Medical Mark 2の状態を確認しましたが、特にいつもと違ったところは見つかりませんでした。Cyberがコントロールパネルを操作し、メインフレームを省電力モードに切り替えます。


(Cyber, Marc’s robot, me)

[6:34] Meg Ronmark shifts her eyes with no intention, then suddenly shows a perplexed expression in the face. “Him. He’s there.” Meg Romark pats Cyber’s shoulder as she looks up just above the table.
[6:35] Cyber Genesis looks around “Who is were??”
[6:35] Meg Ronmark: “There. Marc’s robot.” Meg Ronmark raises her arm, to point at the robot standing beside the window.

階下に戻ろうと何気に視線をぐるっと一回転させたところ、私の視界の端に黒い影が入りました。ラボの実験用テーブルの真上にあるスペース – 私が昼寝用にしばしば使用するところです – に、先日バルコニーで見かけたMarcが使い始めた遠隔操作ロボットが立っていました。
様子を見るため、梯子をかけてCyberとともにロボットのいる場所まで上ってみました。
Cyberと一緒になって、ロボットの装甲をつつきます。反応がありません。
『Marc?Marc?私達の声が聞こえる?』ロボットの顔面に向かって大声で呼びかける私。
返事がありません。
『なかなかいい眺めだな…』初めてこのスペースに足を踏み降ろしたCyber。ほこりだらけの窓を見て顔をしかめました。『コレ、掃除した方がいいんじゃねえか?』
Marcはどうやら、今もまだ1Fのトラックの中に身を隠している様子です。


(Marc’s robot)

[6:51] Remote Controled Robot stays still for a while and then speaks with his robotic voice ‘morning friends. I just got up and heard you talking. I am planning an ambush attack, and i do not want to get severly injured. So i prefere to use a robot to do it. But first i must garantee this robot can do the job’ sounding like stephen hawkings
[6:52] Meg Ronmark rolls her eyes, blinks, then looks at Cyber.

『…おはよう、友人達。今目が覚めたばかりだ。俺はここ(トラックの中)でずっと、奇襲攻撃の策を練っているんだ。重傷のリスクは負いたくないので遠隔操作のロボットを使うことにしたのさ。』
奇襲攻撃を誰に仕掛けるのか確認すると、『それは秘密』などという返事がかえってきました。
『ちょっと、Marc。水臭いじゃないの。』私はロボットをふたたび突つき始めました。
『俺の予想が正しければ….アイツだろ。この前、工場を襲撃してきたヤツ』Cyberがにやりと笑い私に語りかけました。
アイツとは、Shadowsの悪魔・Jason “RockPup” Grutです。数日前ふらりと工場のそばに現れると、剣を抜き暴虐の限りをつくして帰っていきました。MarcやDwellsが浅くない怪我を負い、私も腹部にダメージを受けたのです。


(Cyber, Marc’s robot, me)

[7:01] Remote Controled Robot: ‘the goal is to affect only the subject, no other member of his faction’ pauses a bit ‘so far’
[7:04] MarcelezaG50 Marchlewski presses a button at the computer and leaves the truck walking away from the truck going in the direction of the southeast region of Toxia
[7:04] Remote Controled Robot: ‘stand by mode activated. AI overun. no remote controling systems’

『…目標はターゲットを仕留めること。他のContinuumメンバーを巻き込まずにやり遂げることだ』
Marcの言葉が聞こえてきた直後、ロボットの目に灯っていた光が暗くなりロボットが動きを止めました。完全にスタンバイモードに入った様子です。
と、外を眺めていたCyberが声をあげました。『あっ、Marcだ。ほら、あそこだ。』
ほこりだらけの窓から私も外を見たところ、はるか下の路上をMarcが南西方向に走って行く姿が見えました。トラックから出て何らかの活動を始めたようです。
私とCyberはしばらく窓にはりついたまま、Marcが消えて行った街の南西方向を眺めていたのでした。

//////ICここまで//////

今回のRP時間は約2時間でした。
この日のプレイは何の気ない簡単な身内のIC(In-Character)会話程度で済ませるつもりでしたが、思ったより長めに会話がどんどん繋がっていきなかなか楽しめました。
それにしても天使/AngelのContinuumメンバーを迎えるのは久方振りです。女性メンバーを見かけるとお尻を叩いたりつねったり引っぱったりしてくる悪戯好きで元気なInka。今後の活躍が楽しみです。

Advertisements

~ by Meg Ronmark on February 23, 2010.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

 
%d bloggers like this: