Toxia – barter exchange

工場で佇んでいると時折ふらりと現れる訪問者。この日の朝はそのような相手の応対を行いました。

//////IC//////


(me, Gration)

明け方のToxia。私はカンファレンスルームでラップトップに向かい、いつものように溜まったe-mailの返事を書いていました。黙々とキーボードを叩いていたところ、フロアの奥のほうからコツコツと足音が聞こえ、私の座っている椅子のそばで止まりました。キーを打つ手を止めて顔を上げると、そこには鎧に身を包んだ女性がひとり、立っていました。

[7:32] Gration Yoshikawa: “i was wondering if you know a location where i could obtain some oil or fuel ?”

『燃料を探しているのだけれど、何処で手に入るか分かるかしら?』
Grationと名のったその女性に何故燃料が要るのか尋ねてみると、バイクに使うためだけれど自分のバイクではないとの答えが返ってきました。
『この工場は毒物なら比較的豊富にあるけれど、油の類ははストックしていないわね…燃料が要るのなら、Toxiaでまず訪れるべき場所はガレージよ。街の南にあるガレージ、場所は知ってる?』
聞けば、ガレージはここ工場に来る前に既に訪れたとのこと。そもそも彼女は『燃料噴射装置(fuel injector)』を探しており、ガレージのRyders達にひとつ譲って貰えないか頼みにいったところ『譲ってやってもいいが、変わりに油か何か、バイク燃料に使えるものを持ってこい』と物々交換を要求されたそうなのです。
そこでさらに何故燃料噴射装置などという珍しいものを探しているか質問したところ、Dioの命を受けてのことであると分かりここでやっと私も納得がいきました。GrationはContinuumへの加入を希望しており、テストの一環として燃料噴射装置を入手しようとしていたのです。


(Gration, me)

[7:51] Meg Ronmark stands in front of the Pack’s den and knocks the door from outside. “Hello? Anybody here?”
[7:55] Meg Ronmark: “Hello? Morning?” Meg Ronmark steps inside the Den. “No one around?” She looks around.

彼女にあげられるものが工場に無いため、私から彼女に提案し、まだ朝早い時間ですがお隣のDenを訪問することにしました。Packの狼達が自分達のバイク用に某か燃料を持っているかもしれないとあてにしてのことです。
Grationに付き添いDenの半開きの扉からそうっと中をのぞきましたが、室内はもぬけのから。狼たちはまだ寝ているか、外出してしまっていたようです。
他のfactionのアジトにたとえ無人とはいえ長く滞在するつもりはありませんでしたので、陽が高くなってから出直そうということになり私達ふたりはDenを後にしました。


(me, Gration)

[8:20] Meg Ronmark: “So here we are…..” Meg Ronmark looks around. “We need ones which contain alcohol in large amount. Like Vodka and such.”
[8:21] Gration Yoshikawa: “hmm.. ok”
[8:21] Meg Ronmark glances over the shelves.

暫く考えた後、とある案を思いついた私はGrationを引き連れて街の北部の真ん中にあるバー、Havenの店内に入りました。フロアに無造作に置かれている椅子のうちいくつかで、泥酔したToxia住民が熟睡しています。
Grationをバーカウンターの内側まで入ってくるよう手招きし、私は彼女と一緒に棚の酒を見繕い始めました。『なるべくアルコール度数の高いものを持って帰るのよ…そうね、この辺りのものが良さそうね』
ウォッカの瓶を二瓶調達し、一応周囲の目を気にしつつ私達は再び工場へ舞い戻りました。


(Gration, me)

工場のラボに到着したGrationと私。
このウォッカ二瓶で果たして何をするのでしょう?
私達がラボに到着して程なく、Continuumに加入したての毒物学者・Cyberが我々の様子をのぞきにやって来ました。椅子に座り様子を見守る彼の視線を背中に感じつつ、作業開始です。


(me, Cyber, Gration)

[8:30] Meg Ronmark: “You are welcome, literally” Meg Ronmark smiles wasting no time to pour the vodka in two bottles in a flask. “First we need to make the alcohol concentrated.” She looks for a box of match.
[8:31] Meg Ronmark: “Ah, there it is.” Meg Ronmark fires up the torch.
[8:32] Meg Ronmark: “We need to wait for a while. ” Meg Ronmark watches the lab table as the concentration reaction proceeds.
[8:33] Gration Yoshikawa: “ok… for how long.. ?”

先ずラボの機器を使用し蒸留を行い、二瓶のウォッカを一瓶分の濃縮アルコールに変換しました。
一瓶だけGrationに渡して終わりでも良かったかも知れませんが、せっかく空の瓶がひとつ出来たので増やしてみようと考えた私。工場の大型コンピュータ・Hikaru Medical Mark 2のDNA複製機能を使い、濃縮アルコールの量を2倍にすることを試みました。

[8:49] Gration Yoshikawa wanders over and carefully inspects Hikaru Medical Mark 2
[8:49] Hikaru Medical Mark 2: Now proceeding to the duplication process.
[8:49] Hikaru Medical Mark 2: Duplicating … 10% done.
[8:50] Hikaru Medical Mark 2: 20% done.
[8:50] Hikaru Medical Mark 2: 30% done.

複製作業はエラーもなく無事完了。そうっとコンピュータ下部の小室の扉を開くと、二本の瓶どちらにもなみなみと液体が入っているのが見えました。

[8:53] Meg Ronmark opens the door and takes out two bottles from the chamber. Both two bottles are now filled with concentrated alcohol.


(Gration, me, Cyber)

[8:54] Gration Yoshikawa: “so.. how do we make oil out of alcohol now ?”

『ところで…このアルコールを、どうやって油に変えるの?』
やや困惑した表情で私から封をした瓶を受け取るGration。私はにっこり微笑んで答えました。

[8:55] Meg Ronmark lifts the bottles up toward Gration. “These should be enough to let a bike run, at least for a while……. This is not oil, but called ‘alcohol fuel.’ Can be used for bikes and cars.” She winks.

『これはね…油ではない、”アルコール燃料”と呼ばれるものなのよ。二瓶でも大量とはいえないけれど、バイクをしばらく走らせるには充分なはずよ』
私は瓶の中身の使い方についてGrationに暫く説明を行いました。彼女も得心が行ったようで私に礼を言うと、『もし何か助けが必要だったらいつでも声をかけてね、必ず恩返しをするわ!』という言葉を残し一目散にガレージへ向かって駆け去ったのです。

[8:56] Gration Yoshikawa: “oh, Ok then, thanks for all the help. I’ll head over to them and offer them this. if u ever need anything i’ll be glad to help you aswell”

//////ICここまで//////
今回のRP時間は約1時間半でした。
アルコール燃料をつくり出すシーンはもし現実に行うとなるとかなり怪しい(ラボとはいえ普通の卓上で簡単に短時間で蒸留作業がすすめられるのか?などなど)点がありますが、roleplayということで押し切ってしまいました。
Grationが首尾よくガレージでfuel injectorを入手できていることを祈るばかりです。

Advertisements

~ by Meg Ronmark on February 11, 2010.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

 
%d bloggers like this: