INSILICO – background ~part 1 of 2~


INSILICO – cyberpunk cityscape in the sky

インワールドに無数にある未来的なSciFi SIMの中でも最大級の規模を誇るロールプレイエリア、INSILICO。なぜ都市があのような高高度に位置しているのか怪訝に思われたことはありませんでしょうか。
Group Noticeやオフィシャルサイトに加えウィキも用い詳細な背景設定を構築しているINSILICOですが、今回は設定の根幹となるRoleplay Infoページの翻訳を行いました。
(訳文はウィキ2010年1月5日 00:54 JST版の内容を基に作成したものです。ウィキ記載の原文は今後随時改訂される可能性があります。)


Planet surface level

The Setting

時は2479年。惑星は破壊し尽くされ死に瀕していた。たび重なる戦争や人々の環境保全を軽視する姿勢が惑星の地表を人の住めない状態に変えてしまった。かつて国々とよばれた場所の中で散り散りになり、洪水で水没、あるいは放射能にさらされるなど汚染された地域に囲まれ、我々の惑星の最後の住人たちは厳しく過酷な生活環境下で生き延びることを強いられた。いまやかつての故郷・地表に戻る唯一の理由は企業による厳格な管理のもとで遂行される各種原料の採掘オペレーションのみであった。荒れ果てた地形の上空を、時折紫外線で断ち切られる巨大な暗黒の帯が影のように覆いつくしていた。

オゾン層のさらに上の世界も、状況は同じであった。宇宙の大部分はいまだ殆ど探査されておらず、全く採算性に乏しくみられていたため、太陽系を離れる者はいなかった。ただしこちらの世界でも小規模の採掘オペレーションはそこかしこで行われていた。水星の裏側でひっそりガス採掘を行う者、火星の赤い埃にまみれたシリケート鉱物採掘設備、木星の周りで見え隠れする硫化物の収集業者、冥王星の凍てついた荒れ地に埋もれる窒素氷を探す者…彼らはたいてい自律的に活動しており、リスクを背負って足を伸ばすのは最も我々の惑星に近く訪れ易い火星までとする人類がそのほとんどを占めていた。


Mars

企業は火星をめぐり、その資源・将来性を求め争っていた。テリトリーを奪い合う戦いが幾度も勃発し、オリンポス山の側面には大砲が設置され、マリネリス峡谷の深層部には地下で活動する者たちの施設がつくられた。テラフォーミングはまだ準備段階が始まったばかりであり、酸素転炉がきわめて希薄な大気をつくり出しつつあった。もうひとつの『厳しく過酷な生活環境』の誕生である。

我々は、それらふたつの環境のはざまで生きている。


bird’s eye view

The City

INSILICOは雲のさらに上空数千メートルの位置にゆっくりと浮遊する、暗く未来的な大都市である。今なお生き残っている少数の人間たちにとっての最後の避難場所としての役目を果たす、いくつかの空中都市のうちのひとつである。INSILICOは大気の縁の高度に位置している。これは長い時間が経つうちに都市の外殻に蓄積する汚染物・放射物による腐食効果を回避するためである。

各都市間は緊密な航空交通網で結ばれており、さまざまな物品への強い需要により急速な経済成長を続けている。都市はそれぞれ、複数の互いにライバル関係にある化学産業・兵器産業などの巨大企業によって管理されているものの、一般住民の多くはそういった企業の大規模な権力闘争や各都市間のさまざまな階層における繋がりについて気に留めてなどいない。武器やドラッグ、ソフトウェア、食料にサイバネティクス、その他諸々の取引が行われるブラックマーケットは非常に活気づき、さすがの巨大企業もこのマーケット領域までは管理下におくことは事実上ほとんど不可能である。


city street level

150年以上前につくられたINSILICOは、現存する空中都市でも最古のものである。完全環境都市として構想されたこの都市は主にGemini Cybernetics社により計画・建設された。 Gemini社は地球軌道の外側に位置する巨大データ要塞を本拠地として活動する、世界で最も影響力が大きく進歩的な超巨大企業のひとつとして知られている。同社は宇宙飛行、兵器、音響スペクトル解析、光学ホログラフ技術、建築物やAI/人工知能の処理・管理、大規模のネットワーク技術、大小規模の自動セキュリティシステム、軍備・技術の一部など多岐にわたる分野の大きな進歩に貢献してきている。Gemini社は今も都市のさまざまなプロジェクトに出資しており、必要な物資や援助を供給している。Gemini社は各種社会活動の後援すら行っているが、同社の兵器との関連性が活動関係者の心に悪い後味を残し、また彼らの目にどことなくいかがわしく映りがちである。

//////

~part 2 of 2~ へ続きます。

※INSILICOでの2479年 = 現実世界の2010年です。現実世界が2011年になればINSILICOも2480年となります。

Advertisements

~ by Meg Ronmark on January 26, 2010.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

 
%d bloggers like this: