Toxia – uncovering a spy


(Ripper, Dio, me, Edaniel, Necrosys, Marc)

ある特定のグループが、Continuumまわりで不可解な動きを頻繁に行っています。そろそろ対策を立てる刻が来たようです。

//////IC//////


(Edaniel, Necrosys, Marc)

先日のKaira然り、最近我々Continuumの工場まわり、時には内部に頻繁にShadowsメンバーが現れていることが各々の報告から分かってきました。先日などは工場内に血液が撒かれるという事件が発生したのですが、最初に惨状を発見したContinuumメンバーが走り去るShadowsの面々を目撃しています。
Kairaは私に医用設備を使わせて欲しいと要請してきましたが、Marcも数日前Bluerayの訪問を受け、ラボを使わせて欲しいというリクエストを受けたとのこと。
この日、幸いある程度の頭数がカンファレンスルームに揃ったため臨時のミーティングが開かれることと相成りました。

・Dio (Continuum Dynamo)
・Necrosys (Continuum Monitor over Artificers)
・Meg (Continuum Monitor over Biotechs)
・Ripper (Continuum Sentinel)
・Marc (TC Artificer)
・Psy (TC Infiltrator) ※所用で途中退席
・Edaniel (TC Infiltrator)

参加者は私を含め7名でした。


(Dio, Edaniel, Necrosys)

[18:38] Necrosys [Wraith Wierwight] reveals the next objective of the travel what seems to be some checkpoint under the bridge near the beach. “Hsss yessss, it must be, I have kept records of the project secret, mostly reporting to higher ups…it seems someone in the Continuum itself might be a spy, or certain rooms have been bugged. We had several incidents where…the shadows have infiltrated our base….perhaps they are at fault in the bugging if any…regardless we need to root this out. My activities have been followed hsss and monitored… Once Edaniel roots out the problem…clear force can be applied to eliminate the objective, thus stopping further issues”

私が工場のカンファレンスルームに到着した時には既にミーティングは始まっており、Necrosysが概況説明を行っていました。Continuum内、または外部に我々の情報を収集しているスパイがいるようである、という内容です。また最近Necrosysは屋外行動の際何者かに尾行されるようになったとのこと。
頻繁に工場周りに現れ過ぎているShadowsがスパイであるとすればやっかいです。今や悪魔/demonに、そしてShadowsメンバーに戻ったBluerayは我々のボスをつとめていたため工場の構造は知り尽くしています。
最近起こった彼女とMarcの遭遇も気になるところ。何にせよ次にShadowsメンバーと対峙する際は最大限の注意を払った方が良さそうです。


(Ripper, Dio, Necrosys, me, Edaniel, Marc)

[19:02] Necrosys [Wraith Wierwight] lifts up his helmet tapping on buttons. “That….is why I have planned one step ahead….dear brotherssss and sisters. I have planted a clear bug. In their base….recently I had an encounter with a member of their clan….Pestilence….I gave her a vial, with Toxic Sludge….Inside the vial….” he adjusts his speakers to reducce the reberb.
[19:07] Dio Colossus nods to Edan. “We will wait on any immediate strikes to see if they take and direct..action against us. I want to give them the illusion that we are unaware of their attempted manipulations of our faction.”

いっぽうで私達サイドからShadowsに対する『仕掛け』も既に始まっていました。最近、これまたShadowsメンバーのPestilenceが我々の工場に有毒のヘドロサンプルを求めて訪れた際、Necrosysは微細な盗聴器をサンプルの容器に仕込みPestilenceに渡していたのです。
『しかし残念ながら、私の仕掛けた盗聴器の電波は弱く、まだ彼らの根城から通信報告は入って来ないのだ….あるいは、既に発見されて潰されてしまった可能性もあろう…』Necrosysはそのように説明し独特の呼吸音の合間にため息を漏らしました。

グループの方針として、我々がShadowsを疑い始めていることは表面上にはばれないようにすることで意見一致しました。今はもう少し彼らをわざと泳がせて情報を取るべき時期である、という判断が基になっています。

話のこの辺りでカンファレンスルーム上方にあるラボで物音がし、RipperとEdanielが戦闘態勢に入りました。が、それはNecrosysのアシスタントであるDemonことDemonellaであると判明しミーティングが再会されました。


(Edaniel, Necrosys, Marc, me)

[19:16] Necrosys [Wraith Wierwight] resumes produccing an artifical cough “As to action we need to conduct…we need to conduct intel gathering, second we need to hunt the spy, third, we need to meet the spy with FULL force, and his or her informant…..hsss”
[19:22] Dio Colossus tilts his head as he listens.. “Hrmm.. I see.. Given Liam’s absence, I assume he has pressing matters elsewhere.. Since Edan is present, informed, and an Infiltrator.. if he wants to work on heading up this operation.. I see no problem with that.. Or if he and Psy wish to co-organize it..”
[19:23] Meg Ronmark: “Too bad Liam is not present here today,” Meg Ronmark breathes a sigh, “but yeah, we have Eda and Psy, elite infiltrators ….. so there should be no problem for intelligence.”

(1)先ずは充分な情報を収集。
(2)その上でスパイ捕獲活動を開始。
(3)スパイを捕え、彼または彼女の素性および目的とその背後にある存在を暴く。

スパイへの対処法として三つの段階(上記)を踏まなければなりません。
手始めに(1)です。Necrosysは毎日日課としてPublic Library/図書館を訪れていますが、この訪問時に彼は最近必ず尾行されています。明日の尾行には諜報のスペシャリストであるInfiltratorのひとり、Edanielが彼に同行して尾行者の様子を探ることになりました。
私とMarcはカンファレンスルームで待機します。戦闘に優れたRipperやDwellsも万が一の時にすぐバックアップできるよう、通信回線を必ず常時音ONにしておいて貰います。
明日、新しい情報は果たして取れるでしょうか。ミーティングはここで解散となりました。


(me, Necrosys, Demon)

[20:11] Meg Ronmark steps a bit closer to Necrosys. She speaks to him in a small voice hoping she won’t bother Demon concentrating on her work. “May I ask …. specifically what she is working on at the moment?”
[20:12] Demonella Darmoset answers for him. “I am simply doing my own research regarding Biology. Currently I am studying multicellular wastewater microorganisms that I found in a sample of sludge.”

ミーティング後、ラボでNecrosysのアシスタントで生物学を主に研究しているDemonことDemonellaと挨拶を交わす機会をもつことが出来ました。彼女は今、工場廃液や海のヘドロを蒸留し治療薬をつくる研究を行っています。
私も以前、補給船でもたらされる物資だけに頼らず自分達だけで薬を自己調達出来るようになることを目指し、悪魔の血から強めの鎮痛剤をつくり出そうと試みたことがありましたが成功には至りませんでした。Demonの研究がうまくいけばContinuumは治療薬を自前で調達できることになりますので期待したいところです。

//////ICここまで//////
今回のRP時間は約2時間でした。
NecrosysことWraithは長文をポストするロールプレイヤーであり、多量のemote(まばたきする、手を振る、考え込むなどの状態表現)の中に台詞が埋まってしまうこともしばしばです。今回のエントリでは彼のポストで肝になる部分の文章に赤い色をつけてみました。
3人以上が参加しログがどんどん流れるロールプレイではキーとなる動きや台詞のみをすばやく読み進め、話の流れに置いていかれないよう気をつけています。

Advertisements

~ by Meg Ronmark on January 16, 2010.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

 
%d bloggers like this: