Toxia – tricks on devil’s night


(me)

Toxiaにもハロウィンの季節が到来しました。期間限定roleplayのはじまりです。

//////IC//////


(Tikamu, me, Rayek)

[9:27] Meg Ronmark growls roaming around the crowd in front of Fish Co.
[9:28] Tikamu Kumaki blinks looking around “wow umm…half naked demon thing…marts a kitty and now a werewolf right here…interesting”

いつものように工場のソファで寝て、朝起きたところ身体中毛むくじゃらになっていました。
顎髭と爪が伸び、なぜか二本足で歩くと落ち着きません。おまけに尻尾まで生えていました。
寝ている間に何か異変が発生したようです。
四つ足で街に飛び出してみると、教会そばに悪魔がたむろしていたり、Pitのそばに天使がたむろしていたり、グレムリンのような生き物がうろついていたり、何処かいつもと眺めが違います。
Fish Co. を訪れてみたところ今のところTikamuやRayekはfelineの姿のままでした。


(Meili, me, Tikamu)

[9:43] Meg Ronmark walks around between Meili and Tikamu restressly.
[9:43] Meili (Xari) bit her lip. “It was Calleigh who accidently…. hexed the entire town… If it makes you feel better, Pieter got turned into an angel and is preaching about God..”
[9:44] Tikamu Kumaki blinks “that…eh….why….huh?”

CovenのMeiliが通りがかりました。アンドロイドのはずの彼女は、どうしたことか人間になっています。
『Calleighが….手違いを起こしてしまったのよ』
事と次第をMeiliが私達に説明しました。Covenのお騒がせ魔法使いdemon、Calleighがまたやらかしてしまったようです。彼女が実験的に使った呪文が街全体に効果を及ぼし、市民の姿と心をランダムに変化させてしまったそうなのです。
MeiliによるとLord of ShadowsのPieterは天使に姿を変え、真面目な顔で説教を始めたとのことであり得ない状況です。
どうやら私が半分狼のような姿に変わってしまったのはCalleighの呪文のせいであることが分かりました。


(me, Liam)

[9:56] Liam Bonham: “Good day?” he said examining what appeared to be wolf of some breed
[9:56] Meg Ronmark looks up, then starts sniffing around Liam’s boots. After a while she opens her mouth. “Grrr….not that good for me”
[9:57] Liam Bonham shrugs “Sorry.” these new additions would take some time to get used to. “May I help you with…anything?”
[9:58] Meg Ronmark: “Notihng … grr … so far, seems like. ” Meg Ronmark shakes her head scraching her shoulder with her foot. “You are Liam? It’s me Meg”

工場に戻ると白い鎧に身を包んだ男性が立っていました。誰だか分からず、また男性の方も私が誰だか分からない様子でしたが、声がLiamのものであり彼と分かりました。私がMegであることを伝えるとLiamも驚いた様子です。
彼は呪文の効果を受けて姿が変化したわけではなく、みたびBokudasai Cybernetic Technologies社のアップグレードを受けて人間に近い姿を得たばかりでした。遠くからのぱっと見は人間の男性なのですが…


(Liam, me)

….後頭部にはやはり赤いボタン緑のボタンが見られました。
Bokudasai社からアップグレードに関する通知が届いたそうで、コピーを1枚貰いました。口でくわえて、ポケットに突っ込みました。

Bokudasaiモデルチェンジ通知
バージョン番号:1.10.2
型番:BCT001
——————————————————————————————————————————————
以下のアップブレード 及び/または 変更が本日付けで受領者『Liam Bonham』に適用されたことを通知致します。[20XX年/10月/30日]:

1). 過去のLiamの人間的外見を模倣した人工皮膚及び頭髪が彼の外骨格に追加されました。(人工皮膚と頭髪は彼が事故に遭う前の特徴を分析することにより入念に作成されています) これにより、彼は表情をつくる技能も得るに至りました。

2). 飛行補助システム(BCTAAE1)を小型化し、装着位置を彼の背骨部分から足部分へ変更を行いました。

3). Liamをより人間らしく見せるため、彼の動きをより滑らかなものに改良しました。

4). 彼に新しい武器が与えられました。習熟するまで彼にはしばらくの時間が必要です。

これまで通り変更の無い品目についての追記:

1). Liamはこれまで通り当社標準の充電システムを使用します。システムの位置は従来通り彼のうなじ部分です。

2). Makhana(蒔花/後置プロセスを部分的に管理する人工知能システム)も従来通り残ります。コマンドの読み上げを行う体内音声については、時期をみての削除を検討中です。

3). Liamの外殻の色は変更されましたが、従来と同じ機能/特徴を備えています。


(Liam, me, Gally)

Liamの後について工場2Fに上がるとGallyが医用室のベッドに横たわっていました。何かに喰いちぎられたか引きちぎられたかのように右腕が肩から無くなっています。Gallyのパワー残量が僅少になっていることに気付いたLiamが、素早く彼女にコードを繋ぎ充電を行いました。
適切な充電のお陰でほどなくGallyは意識を取り戻しました。少しずつ状況を私達に説明する彼女。
大型の人狼の襲撃を受け、片腕を持っていかれてしまったとのことでした。

『代替の腕をつくらなくては….』考え込むLiam。
狼の姿になっても意識ははっきりしている私。ラボの冷蔵庫に人工の体の部位を作成するための原料が貯蔵されていることをふたりに話し、ラボから原料の入った箱をくわえて持ち帰ってきました。
『これを…grr…そこのタンクにいれて、調合…してみよう…』

[11:15] The Tank: showing the command list:
[11:16] The Tank: 1. curing / 2. checkup / 3. analysis / 4. blending
[11:16] Meg Ronmark pushes a button on the panel
[11:17] The Tank: 4. blending
[11:18] Meg Ronmark watches the tank as it starts decomposing the bag into harmless substance. Raw materials inside the bag flows out and starts intermingling with each other.
[11:20] The Tank: Specify the part to make: 1. face / 2. entire head / 3. chest / 4. stomach / 5. arm / 6. waist / 7. leg

四つん這いなので、タンクに原料を入れる作業もコントロールパネルのボタンを押す作業も基本的に鼻面で行わなければなりません。ゆっくり、タンクのパネルのスクリーンに表示される文字を目で追いながら処理を進めました。
人工の腕が出来上がるまで、24時間かかるようです。1日の間、Gallyには不便さを我慢してもらうしかありません。

Gallyを寝かせ再び街に繰り出すと辺りには見たことのない姿の市民が更に増えていました。
骸骨、妖精、死神のようなローブ姿の男性…
全てCalleighの呪文のせいでしょうか。このまま皆もとの姿に戻れないとしたら、一体どうすればよいのでしょう。

//////ICここまで//////
今回のRP時間は約2時間でした。
偶然だと思いますが、今年のハロウィンroleplayのアイデアとして私が提出していた案に限りなく近いroleplayが採用された模様です。
ハロウィン期間限定で皆思い思いの姿に容姿を変え、性格も180℃異なるものを演じることが許されます。邪悪な吸血鬼が敬虔な天使に、暴走族の男性が青い肌の悪魔に、ワーウルフがロボットの姿に…
今週末、Toxiaにはおかしな姿の市民が跋扈することでしょう。

Advertisements

~ by Meg Ronmark on October 31, 2009.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

 
%d bloggers like this: