Toxia – discover the criminal


(me, Marc)

ドリル採掘プロジェクトのシナリオが今、Continuum周りで進行している最も大きなroleplayですがその他にも個人単位で色々なroleplayが並行して進んでいます。

//////IC//////


(Marc, me)

Marcを工場まで連れ帰り、3Fのラボで一息。立ち話をしながら休息を取りました。
ドリルの件とは別に、Continuum ProdigyのMarcは並行して進めている別のプロジェクトを持っています。先月の終わりごろ、MarcとDwells、それにBluerayを襲撃したスパイダーボット。戦闘となった際、Marcの剣の刃にボットが残した血 – ボットは機械ではない生身の箇所も持っていた、所謂サイボーグの一種だったようです – を採取・保管することに成功したMarcは、沢山のToxia住人達から血液サンプルを入手しレポートに纏め、何とかボットに辿り着く手がかりを得ようとしているのです。

血液サンプル分析プロジェクト
—————————————————-
私は工場が襲撃を受け、奇妙な蜘蛛型ロボットによりContinuumメンバー(私自身、Dwells、Blueray)が打ち倒された晩の後このプロジェクトをスタートさせた。襲撃を受けた際私はそのスパイダーボットのスキャンを試みたが、完全な正体を知ることは出来なかったのである。
故に私は自らの剣に残ったボットの血液を採取し、他のToxia住人達の血液サンプルと比較試験を行うことによりボットの機械の身体の背後にいる犯人を突き止めようと思うに至った。
これまでに入手することができたサンプルは、以下の通りである:

(1) Markto (男性/人狼) (写真あり、教会前にて撮影) ((Markto Swords))
→ 襲撃者の血液とMarktoの血液を比較することにより、襲撃者は人狼ではなく、また女性であることが判明した。
(2) Simona (女性/人間) (写真あり、工場脇にて撮影) ((Simona Aboma))
→ Simonaの血液は襲撃者の血液との多くの類似点を有していたものの、幾つかの点において異なっている。少なくとも、襲撃者は人間でないことは判明している。
(3) 名称不明 (男性/種族不明) (写真あり、墓場の木の傍にて撮影) ((Seifer Laval))
→ この男性の血液と襲撃者の血液からわ僅かな類似点しか検出されなかった。両者とも人間ではない。
(4) Lei (性別不明/人間) (写真あり、工場医用室にて撮影) ((Lei Freschi))
→ この血液サンプルからは襲撃者の血液との類似点は殆ど見られなかった。このサンプルのDNAからは、提供者が両性を有し、またその両方の性が同時に表出することはないことが判明した。片方の性が活動している時もう片方の性は待機状態になり、入れ替わる際には肉体的要素を全て入れ替える変異が発生する。
(5) 名称不明 (男性/人間) (写真あり、舗道上で撮影) ((Kuchiyo Nishi))
→ このサンプルとの比較で、改めて襲撃者は女性でありまた人間ではないことが確認された。
(6) White Sphinx (女性/悪魔) (写真あり、場所不明、うつぶせ状態) ((Lish Bellic))
→ この女性の黒い油状の血液の分析により、私は今回の襲撃者が悪魔、または悪魔に類似した属性をもつ存在であることを確定することができた。(3)の男性の血液との類似点も見られる。
(7) Joenta (女性/人間) (写真なし) ((Tish Topaz))
→ DwellsがJoentaとの戦闘時に得た血液をサンプルとして私に提供してくれた。この血液には襲撃者のそれと驚く程の類似点が見られ、殆ど同一と言ってしまいたいところだが、完全に同じものではない。襲撃者の血液は悪魔の属性を示しており、Joentaは人間である。
Dwellsに更に聞き込みを行ったところ、彼はToxiaに来て間もないころToxia Southの港湾局タワー屋上で幾度となくJoentaとの戦闘を経験しており、とある戦闘では彼女は悪魔の姿で闘っていたとのこと。この話を考慮すると、襲撃者の血液は悪魔の姿状態のJoentaのものである可能性が考えられる。
この可能性を確認するには、Joentaが悪魔の姿である時に彼女の血液サンプルを採取するしか方法がない。

Projectの目標:
悪魔状態のJoentaから血液サンプルを採取し、襲撃者の血液サンプルと比較試験を行うこと。

『でももしボットの関係者や犯人だったら、あなたにそうやすやすとサンプルを提供してくれないわよね』
Marcの纏めたレポートを読みながら私がつぶやくと、彼はにやりと笑ってポケットから小さな瓶を取り出しました。
『これを使うのさ』


(Nano-tech fly)

[21:20] Meg Ronmark: “Oh, I didn’t expect it would look cute like this. It’s sleeping.”
[21:21] MarcelezaG50 Marchlewski closes the container and saves it inside his pocket again. “For a while it just sucks a very litle amout of blood.. but I have some plans for it in the future”
[21:21] MarcelezaG50 Marchlewski chuckles “It’s off, not sleeping”

Marcが蓋を開けて瓶の中身を見せてくれました。瓶の底には枕のような小さなガーゼがあり、その上に小さな羽虫のようなロボットが眠っていました。
『まあ。ナノフライね。こんなに可愛らしい見た目とは思わなかったわ。寝ているのね』
『今のところこいつはほんの僅かな量の血液しか吸えないんだ。また近い将来、改良を加えることも考えているけれどね。いや、それは電源がオフになっているだけさ。寝ている訳じゃないんだ』
Marcは瓶の蓋を閉め、注意深くそれをポケットに収めました。
『こいつは’やわ’でね。手でひっぱたかれて叩き落とされたらこれまでの研究がおじゃんになるのさ。その時のことを考えてもう1匹、作っておかなきゃならないと思っているところなんだ』

今のところナノフライは『叩き落とされること』を免れMarcの分析の大きな手助けとなっているようです。
Marcに見せてもらった紙のレポートはスキャンして私のPDD(Portable Data Device)にも保存しておくことにしました。彼もレポートデータは工場のメインコンピュータにアップロードするつもりだそうです。

//////ICここまで//////
今回のRP時間は約30分間でした。
Toxian Cityでのroleplayで使用するコンバットシステム・メーターのDCS(Dynamic Combat System)には通常の戦闘のヒットポイントやスタミナ、スキル管理機能以外に幾つか趣の異なる機能があり、そのうちToxian Cityで使用可能なものに『ダイスを振る』機能があります。
10面体のダイスを振りたい場合は『/9roll 10』とコマンド入力。0〜10の範囲でランダムに数字が表示されます。(0が含まれます)
20面体なら『/9roll 20』、30面体なら『/9roll 30』といった具合でテーブルトークRPGと同様にランダマイザーとして使用することが出来ます。
剣を交えたり銃撃戦を行ったりする以外に、このダイス機能を使って『戦闘をroleplay』することを好むプレイヤーもいます。
ダイス機能は戦闘以外にも使い方次第で様々なシチュエーションで利用することができ、Marcは今回の血液サンプル採取roleplayでこの機能をうまく活用しています。具体的には彼はこのようにroleplayを進めています。

(1) IMで対象者に10面体ダイス(『/9roll 10』)を振るようにリクエスト。
(2a) 10〜6の目が出たら対象者は虫を叩き落とすことに成功。虫は何も出来ずに壊れてしまう。
(2b) 5〜3の目が出たら虫は対象者からの吸血に成功し、飛び去る。
(2c) 2〜0の目が出たら虫は対象者からの吸血に成功、且つ飛び去る前に微毒を残し対象者は目眩を感じ眠くなる。
(3) 対象者はダイスを振り、結果に沿ったroleplayを行う。

このような具合です。
他にも例えば決闘のroleplayになり『コインの表か裏か』で決闘場所などを決める際偶数なら表・奇数なら裏としてダイスを振ったり、相手に威嚇射撃をして出た目により弾がかする位置を決めたり…と、考え方次第で無限に活用することができます。

Advertisements

~ by Meg Ronmark on September 23, 2009.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

 
%d bloggers like this: