Toxia – machine spirit ~part 2~

ドリルを作成するroleplayに達するにはまだまだ必要なものを集めなければなりません。手分けして色々なものを探します。

//////IC//////


(me, Gally)

Toxia Southに打ち捨てられている難破船の甲板で金属板を発見しましたが、私一人、徒歩では持ち帰って来れそうにないためメンバーのうち丁度近くにいたGallyに手助けを頼みました。バイクで南に向かいます。

[18:49] Meg Ronmark: “Thanks …. will you stay here or come with me? This is a two-seater type, you know.”
[18:49] Gally Dover grins wide. “I can come with?”
[18:50] Meg Ronmark: “Of course, if you like.” Meg Ronmark looks back at Gally over her right shoulder.
[18:51] Gally Dover nods, hoping on the bike. “Lets roll.”
[18:52] Meg Ronmark: “Alright, hold on tight!”
[18:52] Gally Dover holds on tight~

[19:24] Gally Dover hoists the rusty steel, following Meg. “Here?”
[19:25] Meg Ronmark: “Yes.” Meg Ronmark nods at Gally, then carefully puts the plate at the side of the depot.
[19:25] Gally Dover dusts her hands off, “That was fun~”
[19:26] Meg Ronmark: “Thank you for your help Gally, without your helping hand I could never bring this back here.”

桟橋から船に飛び移り金属板を持ちながら再び桟橋へ戻るところで難儀しましたがGallyの助けもあり何とか、バイクの後部に板を積んで工場に戻ってくることができました。取り敢えず板を1Fのドラム置き場の横に立てかけておくことにしました。

私は遅れて到着したのですが、一方でTerroxやFareabell、Blueray、Marc達はガレージでRyders達と取引を行っていました。ドリルを使用する際エンジンオイルが必要なのですが、工場にはこれが有りません。バイク乗りの集まりであるRyders達は当然のことながらガレージに十分な量のオイルを蓄えていますが、さすがにただで貰えるという訳にはいかず取引を持ちかけられました。
最終的に工場にあるもので圧縮空気ボンベ(compressed air tank)と一定量のオイルを交換するという取引で合意に至ったのです。

[20:43] Blueray Darkes: “Fatal it’s classified but thank you for the trade”
[20:43] FatalXtacy Sideways: “Ahhh well I had to ask, ya know us kitties…always curious”
[20:43] Terrox Eracktor smirks, “No worries.”
[20:43] Terrox Eracktor reaches over and picks up the box of engine fluids

[20:51] Meg Ronmark: “Anyone there wanna have a ride back to the north?”
[20:52] Blueray Darkes: “Val needs to walk cos he needs to spew, I’m sticking around down here for hmm interesting things.”
[20:52] Meg Ronmark: “Okay, how about you Marc”
[20:52] MarcelezaG50 Marchlewski: “I accept Meg”

遅れてガレージに到着した私。取引は既に終わりTerroxとFareabellはオイルを運び出し既にガレージを去っていました。
『北へ戻るけれど、誰か乗って行く?』
ボスのBluerayはまだしばらくガレージに残ると言い、新人のValentineは歩いて戻るとのこと。Marcが私のバイクの後部座席に乗り込みました。

[20:52] Blueray Darkes: “Stay safe you guys!!!”
[20:53] Meg Ronmark: “Likewise boss, later!”
[20:53] MarcelezaG50 Marchlewski salutes
[20:53] Meg Ronmark: “Alright, hold on tight”
[20:53] Blueray Darkes bounces, “Aye aye”.
[20:54] MarcelezaG50 Marchlewski holds tight on Meg
[20:54] Meg Ronmark waves then starts the engine

//////ICここまで//////
今回のRP時間は約2時間でした。
中規模のroleplayだけあってドリルを作るまでなかなか時間がかかります。実際には、小道具としてのドリルは既にGM(Game Master)によって作られ、出番を待っている状態なのです。

Advertisements

~ by Meg Ronmark on September 22, 2009.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

 
%d bloggers like this: